2005年12月09日

笑顔。

80代 女性。
腰痛・左膝痛・右肩麻痺・体全体のだるさ・難聴。

主訴はぎっくり腰で、上半身前のめりの状態でした。
左膝は、2年前に、こけた時に膝の皿を割り、金具で固定する手術を受けられてます。
立つ時も座る時も痛むとの事。
右肩から、指先にかけて、時々力が入らなくなり、握っている茶碗などをいつも落として割っているそうです。
検査の時は、左腕を添えないと持ち上がらないほどでした。
おまけに、左耳は全く聞こえず、かろうじて右耳がほんのわずか聞こえる程度です。
最初の回復ノートには黒と赤の字で埋め尽くされました。
一連の回復法に加えて、右耳と右手の症状があったので、もしや首ではないかと思い、
以前、村松先生に教わった、メニエルにも効果がある、首への回復法を行いました。
(電話で聞いただけなので、あっているかどうか分かりませんが・・・)

すると、右腕は、左手を添えなくても肩の高さくらいまで、上げる事が出来るようになったのです!

2日目には、耳も少し軽くなり、右手首に出るキリキリ感も無くなり、自力で上げられようになっています。
腰も、左膝も少し痛みは残っているものの、体は全然楽になられておられました。

3日目には、腰の状態は良く、お茶碗も落とさなかったとの事。
左膝に関しては歩いた時の痛みも出なかったそうです。

本日4日連続の来院となりました。
昨日50分も歩いて膝の痛みは全くでなかったそうです。
背筋は真っ直ぐになりました。
何しろ、右肩は真上まで自力で上がります。
回復ノートも隙間だらけです。

この不調者さん、最初は見るからに暗い顔つきでした。
これだけぼろぼろの体になって、半ば諦め状態だったのでしょう。
耳も聞こえないのも手伝って、内向的になっているみたいです。
2日目以降には私のくだらない問いかけに笑みを浮かべて反応してくれました。
4回目には自分から、満面の笑顔で、今後の生活の事で話してくださいました。
私もこの瞬間は、たまらなくいい気分になりました。

右耳は、正直?の所ですが、諦めなければ、必ず、効果が出るはず!
(少しでも聞こえるようになったから、話を自分からしだしたと思ってはいますが・・・)

セミナーがあるために、この方への回復法は、しばし中断しますが、次回は腕を上げてきます。枕もあります。
どうか、悪化しないように笑顔で待っててくださいね!
posted by たっちん at 14:17| 佐賀 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 手のマヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電話で聞いただけでこの結果を出せるとは!
うーん感嘆の極みです。
今度はお話聞かせ下さい。
Posted by 中野 at 2005年12月09日 21:56
諸岡先生、こんばんは!
諦めなければ今よりも絶対良くなりますよね!
諦めかけていた症状がここまで快復!不調者さんの笑顔が目に浮かびます!!
僕も頑張ります!!
12日から宜しくお願いします!!
Posted by 千武会・窪井正彦 at 2005年12月09日 22:09
中野先生、この時は聞いてないんですよ。以前、首の手技を聞いていたので、もしかしてとやってみたら、驚きの結果が出ました。
来週いよいよですね!

窪井先生、諦めは禁物ですね。この不調者さんにも、最初からそう説明していて、最後には、色々な事情を話してくださいました。もちろん前向きな笑顔で。
来週はこちらこそ、宜しくお願いします。
Posted by 諸岡辰美 at 2005年12月10日 08:40
諦めるって明らかに眺める事だそうです。
だから、本当はいい言葉だそうですよ。
日本語は奥が深いなと感じました。
先生、来週楽しみですね!
よろしくお願いします。
Posted by 西村斉仁 at 2005年12月10日 13:14
西村先生、「諦める」ってそんな意味があったのですか。全く知りませんでした。
いつも勉強になります。
来週は宜しくお願いします!
Posted by 諸岡辰美 at 2005年12月10日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック