2006年05月15日

自信!

30代 男性 腰痛

この不調者さんは、あるプロのスポーツ選手です。
最初は腰痛で来院されました。

この時は凄く悩んでいる表情が私にもわかりました。
・腰痛で練習が満足に出来ていない・・・
・練習が出来てないから、成績が付いてこない・・・
・成績が付いてこないから、練習意欲がわかないなどなど・・・

3回目位までは腰痛はかなり軽減しましたが、まだ悩んでおられました。
やはり成績が満足できてないんですね。

私が「調子はどうですか?」と聞いても、
「朝起きたときにちょっと・・・」
と言う答え方でした。

それでも試合前には必ず来られてて、すっかり腰痛も取れた先日。
入ってきた時の顔が全然違いました。
それは、自信に満ち溢れている顔でした。

いつものように「調子はどうですか?」と聞くと。
「あっ、決勝まで行きました!」との答えです。
今までは、体の事しか答えが返ってこなかったのに、試合の報告を受けたのです。
2試合連続で好成績を収めたらしいのです。
この報告を聞いて、涙が出るくらい嬉しかったです。
もはや他人事とは思えないし、治療家冥利に尽きます。

プロの選手はある意味、自分の体が仕事の道具です。
壊したらいけないと思うプレッシャーもありました。
なにより、こういう選手たちはメンテナンスには、スポーツマッサージ等の揉み系を好まれます。
この方も最初はそうだったと思います。
しかし、この回復法の良さを理解されたのでしょう!
試合前には必ず訪れて、体のチェックを受けられます。

そして、力を十分に発揮する体になり、悩みの表情から、自信の表情に変わりました。
言葉も凄く前向きな発言が増えてきました。

今の試合も成績がいいみたいです!
是非もっと上を目指して頑張って下さい!!
応援しています。



腰痛・肩こり・ぎっくり腰・五十肩等
からだ快福センター 有田
Tel&FAX 0955-43-4497
佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙1920-3-101
URL:http://homepage2.nifty.com/tatsumi_seitai/
posted by たっちん at 18:22| 佐賀 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
諸岡先生こんにちは。
プロ選手から信頼されていますね!
言葉の変化、気持ちの変化、体の変化と
全ては通じていますよね。一つが良くなると
全てが良い方向に進み始める。またその逆も・・。
我々は不調者さんの変化を見逃さず、良い方向に
導いてあげなくてはなりませんね。
私も負けずに頑張ります。
Posted by 東葉co加賀谷 at 2006年05月15日 18:31
諸岡先生
素晴らしい仕事してますね。嬉しさも共有できて最高ですね。今度お会いする時には、ひとまわり大きくなっている諸岡先生がいるんでしょうね。いったい何センチ位伸びてるかな?楽しみです(笑)
Posted by 新機種A at 2006年05月15日 19:55
諸岡先生、大活躍ですね。
文面からも先生の自信の程が
伝わってきます。

>こういう選手たちはメンテナンスには、スポーツマ
>ッサージ等の揉み系を好まれます。

その違いを理解させてこの結果ですから、
しっかりと伝達できた証明に他ならないです。
勉強になりました。
Posted by 中野 at 2006年05月16日 12:27
加賀谷先生
先生の所にもプロの選手が来られてますよね。
心技一体?と言う言葉がありますが、気持ちの変化は嬉しいです!
成績の向上に頑張りましょう。

新機種A先生
いつも変わったネーミング有難うございます。
一回りも二周りも大きくなっていますよ!
もしかしたら。窪井先生や湯沢先生より大きくなっているかもしれません(ホント)
Posted by 諸岡辰美 at 2006年05月16日 12:31
諸岡先生、こんにちは!

良かったですね!良い結果が出て。
先生ならこの結果は当然ですよ!
でも、こっちまで、嬉しくなりました。
ありがとうございます。
Posted by 京都 西村 at 2006年05月16日 17:52
中野先生
揉み系との違いは、後日分かってくるのだと思います。
揉まれている人は筋肉は硬いですが、この回復法では筋肉は柔らかくなっていきますから、スポーツ選手にとっては、自分で感触をもてれていると思います。

西村先生
コメント有難うございます。
この選手にはもっともっと活躍してもらいたいです。
こちらこそ、先生が嬉しくなるとこっちまで嬉しくなりました。(ガハハ)
Posted by 諸岡辰美 at 2006年05月16日 18:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック