2006年09月21日

アスリートの方へ

060816_155305_M.jpg

以前投稿した現役の競輪選手から、一言お礼の言葉を頂きました。
最近は成績がいいみたいです。
競輪はあまり詳しくないのですが、出場選手90人中上位9人が特選レースに出れます。
このところこのレースに乗れる様になったそうです。
また、チラホラ優勝戦にも乗り好成績を収めています。
優勝戦に出ること自体が凄い事なんです。
そして本人も自信を取り戻されております。
今後の活躍に大期待です!



中高生のスポーツ選手もそうですが、この回復法を受けると成績が上がった!
タイムが良くなったとの報告も受けています。
身体の歪みがとれ、バランスが良くなったためか。

そして、もう一つ報告があります。
先日、町内のソフトボールの試合に出ました。
私はサード。
張り切りすぎてショート正面のゴロに無理な体勢で追いついた時、右肩を捻りました。
そしてファーストに投げた時、違和感が。
あっ!脱臼?!(←亜脱臼・・・シャレではない)
やばいと思いました。
肩が外れかけてる感じです。
通常のスポーツの試合ではこれで様子を見る、あるいは病院に行くんだろうなと思いました。
あるいは揉まれて酷くなるとか・・。
それ程の痛みが右肩を襲ってました。
ところが私は達人です!
ベンチに帰って約5分くらい自分で回復法を行うと肩の痛みは取れました。
その後のプレーにも影響なく・・・。
(エラーはしましたけどね(笑))

この時思いました。
アスリート達の近くに、この回復法を行える人が増えたらいいと。
スポーツトレーナーがこの回復法を取得したらと。
日本のスポーツ界は変わるんだろうなと。


腰痛・肩こり・ぎっくり腰・五十肩等
からだ快福センター 有田
Tel&FAX 0955-43-4497
佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙1920-3-101
URL:http://homepage2.nifty.com/tatsumi_seitai/
posted by たっちん at 16:51| 佐賀 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 亜脱臼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
諸岡先生、スポーツ界でも活躍!
この方面も問題が多いですね、
体調を考えないトレーニング等で故障者が
多いのがその証左ですから。

もっと現象法を広げなればなりませんね。
Posted by 明石 中野 at 2006年09月21日 20:10
回復法は達人でも野球は○○のようですね。(笑)
今度太もも先生と指導しましょうか?
ちなみにサードは僕の本職です!
Posted by 東葉co 加賀谷 at 2006年09月22日 00:17
中野先生
例えばオリンピックでも、入念なストレッチをしてるにも関わらず、肉離れする選手が多いです。
この回復法が広がれば・・・。
指○法だけでも威力発揮するでしょう!

加賀谷先生
実は3つエラーしました。
○○かも?!
でも野球と違ってソフトは恐いんですよ。
近いから。
1回目はあそこを直撃でした(涙)
Posted by 諸岡辰美 at 2006年09月22日 16:54
3つもエラーしたんじゃ誰も守ってないのと一緒だね。(笑)ボールを打つのは打席の中でお願いします。チーン!
Posted by 東葉co 加賀谷 at 2006年09月23日 12:19
加賀谷先生
この日は3打数3安打1打点の大活躍!
全く大当たりの日でした(笑)
Posted by 諸岡辰美 at 2006年09月23日 18:56
辰美先生こんばんは
当院にも柔道で膝を痛めた方が本日来院されました。(十年来の痛みだそうです)どうしても根性のある人たちは我慢して、痛みに慣れてしまっている人たちが多いですよね。(本当は何とかしたいと思っていても)この方も初回で痛みが十割なくなったので驚かれています。コーチやトレーナーなどの指導者が回復法に目を向けてくれたらと思います
Posted by おだ at 2006年09月27日 00:22
諸岡先生、こんばんは!
どんどん実績を上げて
世のアスリートに認められましょう!
一応、僕も元アスリート(???)だったのですがメンテナンスは何もやりませんでした。あの頃、回復法を知っていれば今頃、ベルトを巻いていたかも・・・な〜んてね!
Posted by 千武会・窪井正彦 at 2006年09月27日 22:14
おだ先生
指導者が目を向けるよう我々も結果を出していかなければいけませんね!
それにしても、柔道家の膝の痛みを一発で取るなんて・・・
織田先生がトレーナーになってください!

窪井先生
立派な元アスリートでしょう(笑)
ベルトなんてちょろかったでしょう!
多分その時は私と出合って指導を受けてたはずだから・・・。
Posted by 諸岡辰美 at 2006年09月28日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック