2005年08月03日

お尻の痛み

50代の女性 腰痛と肩こり。
従来の手技から来院されてますが、”現象復元の法則”に切り替えて3回目の来院となります。
1回目(7/23):「1の型」で肩と腰は大分楽になられました。
(さすが!現象復元わーい(嬉しい顔))と思ったのですが・・・

2回目(7/30)の来院時、調子悪そうです。
聞けば、
「あの後調子良かったんですが、風邪引いて、病院の薬の副作用で肝機能が悪くなって。それから、ずっと点滴です」との事。
折角改善してた所ですが、回復力が落ちたのでしょう!腰を曲げると少し痛いとの事。
まず「1の型」をしました。
腰の方も楽そうです。
では、検査です。
「後に曲げてくださ〜い」 「楽です」
「前に曲げてくださ〜い」 「あっ、楽ですね」
「よかったですね〜。では戻して」 「あっ。戻す瞬間にお尻にピリッと来ました」
「そうですか?もう一度やってみて」 「やはり、曲げるときの痛みは無くなったけど、戻す瞬間お尻にピリッと来ます」
(え〜っ、このパターンはどうしようがく〜(落胆した顔)そうだ!むらまつ先生に聞いてみようひらめき
すると、不在なのか留守番電話に・・・(実は次の日も別の患者で聞きたいことがあったのですが、日曜でした。この時の症例は後日書きます。)

原○法を行いましたが、「少し楽になりましたが、まだ残っています」
「揉まない、叩かない、痛みを探さない」を説明し、次回の予約を取ってもらいました。

で、本日の来院となります。
「痛みはどうですか?」  「お蔭様で、調子いいです!」

これなんです!!”現象復元”はその場で痛みが完全に取れなくても、後から、効果が出てくるんですね手(チョキ)
あの時、あせって、深追いしなくて良かった!!

本日、再度「1の型」を行い、骨盤調整など自己療法を説明し、次回の予約を取って帰られました。

きっと次回はピンピンになってこられるでしょう!

良かったですね〜わーい(嬉しい顔)
posted by たっちん at 18:51| Comment(12) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!! 先生。
自分なんか、すぐ深追いしてしまいます。
勉強になりました。
ありがとうございます。
Posted by にしむらなりひと at 2005年08月03日 19:26
深追いしないで次回の予約を取る。これって簡単そうで難しいですよいね。
でも本当に患者さんの事を思えばそうするべきなんですよね。
これから、気をつけようと思います。
Posted by はやしいちろう at 2005年08月04日 00:08
なりひとさん、いちろうさん、いつもコメント有難うございます。私も、早く、患者さんを楽にしたいがために、深追いは多々ありました(反省)。今回は、深追いしなかったがために?好結果を上げた症例でした。
Posted by タツミ at 2005年08月04日 09:04
深追いすると良くない理由のひとつに、どうしたらよいかわからない〜頭の中がパニック状態になることがあります。

この時、平常心ではありませんから、普段以上に手法に力が入ってしまいます。

力が入ると、せっかく改善していても良い結果がでません。これ以上改善させる自信がなければ、無意味に時間をかけるより、少しでも改善したと判断できれば、早めに打ち切ることが大切です。私もタツミ先生と同じような経験を散々してきました。(笑)
今でもこの判断が難しいところです。

今回の投稿のように、深追いしなくてもその後の経過で改善するものがほとんどです。

一度の手法は、本人が無理をしない限り24時間効果は継続しているようなものです。

1回一回の現場での手法も大切ですが、数日間の経過を見るということも大切なことだと思います。
Posted by こもりひでのぶ at 2005年08月04日 09:37
ブログのデザインがかわりましたね。見やすくていいです。時々デザイン変更するのも刺激的でいいかもしれませんね。ちなみに僕も症状を深追いすることが結構あります(汗)。残った痛みに対してあれこれ考えるのではなく、取れた痛みに対して喜ばないといけないなと最近思ってます。治療に対しては完璧主義者だったんですが、いい意味で不完璧主義者になろうと思います(斉藤一人さんの本に不完璧主義者になれ!とか書いてありましたね)
Posted by kuro at 2005年08月04日 12:01
患者の安心感と施術者の技術にグルーヴが加わるとすばらしい結果が出てくることがわかりました。
(患者の安心感とは、身体の不安があるけれどもあの先生のことに行けばなんとかしてくれるという心理状態です。私はこれを感じれない治療院には行きません)
では今日もがんばってください
Posted by ジゴロ7 at 2005年08月04日 12:09
こもり先生、有難うございます。平常心失うと本当に、力が入ってしまいます。腕が緊張するんでしょうね。先生方のアドバイスにより、今回の症例を報告できたと思います。何事も経験ですね。今では、完全に痛みが取れなくても、時間がたっての効果を自信もって説明できます。改めて有難うございます。
Posted by タツミ at 2005年08月04日 12:39
kuroさん、このデザインいいですか?昨日デザインを変更できるのを知りました。四苦八苦したんですよ(汗)もっと勉強しなくては。あっ治療の事ですよ。
Posted by タツミ at 2005年08月04日 12:43
ジゴロ7さん、いつも心に響くコメント有難うございます。患者さんの気持ちが解ったような気がします。私もジゴロ7のような安心感持つ患者さんを増やしたいです。
Posted by タツミ at 2005年08月04日 12:47
深追いは良くあります。
その後きっと患者さんは辛いんだろうな。
だから来なくなっちゃう・・。
タツミ先生の今回の症例は見に詰まる思いです・・。
今までの自分の弱さにもさよならします!
Posted by MDCマキ at 2005年08月04日 17:08
深追いは良くあります。
その後きっと患者さんは辛いんだろうな。
だから来なくなっちゃう・・。
タツミ先生の今回の症例は見に詰まる思いです・・。
今までの自分の弱さにもさよならします!
Posted by MDCマキ at 2005年08月04日 17:08
マキさん、頑張って下さい。 痛みが軽くなった>痛みが残っている を患者さんにわからせるようにしてます。それを納得させれなかった患者さんは来られませんが(汗)
Posted by タツミ at 2005年08月04日 17:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック