2005年09月10日

選挙

いよいよ明日衆議院選挙の投票日です。
私は、日曜は仕事の為、昨日、期日前投票に行ってきました。

今回は、地元佐賀県に帰って始めての選挙になりますので、真剣に考え、そして投票所は初めてなので、凄く緊張してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

小選挙区・比例区はテレビでも連日報道されてますので、注目されてますが、他に『国民審査』と言うものがありました。何でも、裁判官の是非を問うものらしいのですが・・・
毎回この国民審査の存在を忘れてしまって、現地で迷ってしまうものです。
(私が無知だけなのかもしれませんが)

小選挙区・比例区とは違って、予備知識がありません。
窓口の方に
「どうすればよかとですか?」
と聞いたら、説明するのが難しいみたいで、考えながら、
「印ばつけると。何も無かったら、そのまま投票して」
でした。
私は、訳分かりませんが、面倒くさいのもあって、そのまま投票しました。
この国民審査なるもの、大事な事なのかなぁ?と考えながら・・・

そこで、このやり取りを自分の仕事に置き換えてみたのです。
健康不調者の方に対する説明は大事です。
納得させて、帰さなかったら、その方は不安感を持ってらっしゃるのが、分かった気がします。
回復しようが、してまいが、その理由が伝わらないと、納得されて無いのでしょう。
久しぶりに「受け手」の立場になって、改めて認識しました。

今回の選挙はどの政党も「日本を変える」と言ってます。
本当に変えて欲しいものです。
聞けば、この選挙中に数百億円のお金が使われているとか・・・

私はこの回復法を学び、取得し、考え方は全く変わりましたわーい(嬉しい顔)
今まで、無理と諦めてた、症例も回復が可能なんだ。重症の方も救いたいと。
(私が変わっても日本には全然影響はしないんですけどね)

取り留めの無い日記になってしまいましたが・・・
皆さん、投票へは行きましょうexclamation×2
posted by たっちん at 18:46| 佐賀 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「受け手の立場になって考える」ことって
すごく大事ですよね〜。あと今回みたいな
症例以外の日記も面白くてすごくいいです。ドンドン書いてください。
Posted by kuro at 2005年09月10日 21:17
私も期日前投票に行ってきました。
投票は市役所の4階の1室でやってました。
エレベーターで一緒になった人の身体が歪んでいたので、
骨盤調整してやりたくなりました。
セミナーを受けてから毎日こんな感じです。
変ですかね?
Posted by にしだ at 2005年09月11日 02:34
私もそうです。身体の歪んでいる人や辛そうな人がいると、なんとかしてあげたいって思います。で、ついつい身体の動きをジッと見てしまいます。怪しい人みたいですね、私って…
Posted by おざきけんいち at 2005年09月11日 11:49
kuroさん、有難うございます。個人的な日記に興味を持っていただいて・・・たまに、たあいもない事書いたりしますが。宜しくお願い致します。

にしださん、私もそうですよ!町で、歪んでいる人を見ると、回復法やりたくなったり。名刺渡したくなります。
人間観察も大切ですね。
Posted by タツミ at 2005年09月11日 12:29
おざき先生、怪しくないと思いますよ。あんまりじろじろ見るのはよくないでしょうけど、さりげなくですね(笑)
Posted by タツミ at 2005年09月11日 12:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック