2005年10月06日

臨機応変に。

40代 女性 腰痛。

何年も前からの症状。
特に、寝ててから、朝起きるときに痛む。
そのまま仕事や普段の生活をしていると和らいできて、来られた時は大した事は無いそうでした。
他に8年前にぎっくり腰になったそうです。
おそらく、その時に完治してなくて引きずっていたのかもしれません。

検査では、腰の前屈でお尻の痛み、右に曲げると腰の右側が痛む。
また、首を後に反った時の痛みもありました。

実はこの不調者さんは、私の友人の奥さんであります。
友人に「この回復法をなんとか広めたい」と話をした時に、
「どういうことをするって説明したらいい?」と聞かれました。
どういう施術内容でするかは説明しにくい事も話しました。
そしたら、
「おいの嫁さんが、そいこそ腰の、いとうしよらすけん、いうとこ」=佐賀弁
(訳。俺の嫁さんは、それこそ、腰が痛そうだから、言っとくよ)
それからの来院です。

骨盤調整では見事なズレがありました。
結局2回の調整で揃います。

すると腰の前屈のお尻の痛みが無くなりました。
「凄いやろ」
「でも、太ももがハル」
また、首の痛みも無くなっています。
右に曲げた時の痛みはまだ、残っていました。

この後、○位で終わっても良かったのですが、
紹介をしてもらいやすくする為に「1の型」を体験してもらいました。

やってる最中は、気持ちいいと言ってくれます。

しかし、起き上がるときに、顔をしかめています。
また、腰の痛みが再発したのです。
何とか、○位、背中を反らしての姿勢維持、指○で和らぎましたが、いったいどうしてexclamation&question

ひらめきそうです。この方の主訴は「朝起き上がる時に痛む」なんです。
私はこれを忘れてしまっていて、体験とはいえ、しばらく寝せてしまったのです。

この方は職場や家が遠い為、都合がつかず、この一回ですが、友人と話した所、
「次の朝はいつもより良かった」
「また都合をつけて行きたいと言っている」
だそうです。

間隔をつめればもっと回復するでしょう。

今回は問診の大切さ、回復法も形にこだわらないようにしよう!
という、反省になった症例でした。
posted by たっちん at 18:49| 佐賀 ☔| Comment(10) | TrackBack(1) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分もありました。そんなこと。
ついつい先のこと考えたりして、いい反省ですね!勉強になりました。あと、先生のこの回復法を広たいんや!という気持ちが伝わってきてこっちまで燃えてきました。ありがとうございました。
Posted by 楽心庵 西村斉仁 at 2005年10月06日 20:12
たつみ先生こんにちは
私も腰痛患者さんが、ワンデイーの内容で良くなったのに、1の型を調子に乗ってしたところ、戻ってしまった経験があります。ちょっと焦りました。良くなったら深追いせずに、それでおしまいにすのが、一番なんですね。
Posted by すこやか やまだ at 2005年10月07日 09:33
僕も腰痛患者を寝せて失敗した事があります。
それにしても佐賀弁には通訳が必要ですね。
Posted by 林一郎 at 2005年10月07日 14:39
皆さんも経験ありだったんですね。

西村先生、本当にこの田舎町に広めて行きたいです。京都でも頑張って下さい。

やまだ先生、深追いしないのがいいんでしょうけど、この方には体験してもらいたかったんで・・・いい勉強になりました。

林先生、佐賀弁が好きな事は知っております。新幹線の中でじっくりと聞かせてあげますんで(笑)
Posted by タツミ at 2005年10月07日 17:24
■そうです。この方の主訴は「朝起き上がる時に痛む」なんです。
私はこれを忘れてしまっていて、体験とはいえ、しばらく寝せてしまったのです。

■僕も腰痛患者を寝せて失敗した事があります。

-----------------------------------

失敗や、やらなければ良かった・・・

ということではありません。

どのような状態でも、本来あるべき状態に
回復すれば、その場で痛みが消えます。

今回のようなときのことは既に指導済みです。

どうすればよいか?

よ〜く思い出してみてください。
単純なことです。(笑)

アカデミーボディスクール 校長 小森秀信
Posted by アカデミーボディスクール 校長 小森秀信 at 2005年10月07日 21:49
今日はどうもありがとうございました。
色んな話が聞けて楽しかったです。あと
ギャグの連発も(笑)。
Posted by kuro at 2005年10月08日 00:52
小森先生、有難うございます。
今回のは、失敗だとは思っていません。むしろ、いい経験だと思います。
どうすればいいか?・・・今はど忘れしています(汗)思い出してみます!
Posted by タツミ at 2005年10月08日 09:33
kuroさん、いい治療院だったですね。凄く羨ましかったです!あと例の作戦実行してくださいね(笑)
Posted by タツミ at 2005年10月08日 09:34
腰痛の不調者は、起き上がる時に痛みがある人が多ね。
私は、一旦うつ伏せになってから、起きてもらうように指導しています。

kuroさんの治療院完成したんですね。今度連れて行ってください。
今回はギャグは勘弁してください。師匠!
Posted by にしだ at 2005年10月08日 10:46
にしださん、指導も自分のものにしているんですね。ますますレベルアップされてるのが目に浮かびます。
それと、ギャグ無しでは、にしださんの淋しそうな顔が目に浮かびます(笑)
Posted by タツミ at 2005年10月08日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

現象復元の法則(回復法)と他の療法
Excerpt: 回復法はいわば、水と油のごとく、他のものと絶対に混ざり合うことはありません。 そ...
Weblog: からだ快福センター 〜健康をあきらめない!症例情報満載!〜
Tracked: 2005-10-08 20:37