2005年10月18日

回復ノート

60代 女性 右膝痛。

歩いたら痛い。立つ時も痛い。動かしたら、ポキポキ鳴る。

この方は、左半身が病気の為、右膝にどうしても負担がかかってしまうみたいです。
家庭や仕事の都合を私は知っていましたが、しばらく、お見えにならないので、どうしているかなぁと思ってた時に、一ヶ月ぶりの来院でした。

聞くと、知人に病院に行ったほうがいいよと言われ、3回くらい通ったらしいです。でも、そこではホットパックと電器当てるくらい。
少しも改善しなかったとの事でした。
以前は、痛みも消えてる時もあったのですが、ここ一ヶ月は悪くなる一方だったと言う事です。

早速、セミナーで習った『回復ノート』を使いながらの、不調者のチェックです。

セミナー時では、自分なりにはスムーズに行ったつもりでしたが、実戦では、戸惑いました。
かなり、状態は伝える事が出来たのですが、時間が掛かってしまい、もう少し慣れが必要かなと感じましたね。
でも、本当に便利なツールです。
しっかり、アドバイスも出来ました。

さて、回復法ですが、やはり右膝を動かしてもらうと、痛みが出るのですが、その間も、ポキポキ鳴っています。
骨盤調整、膝周りに指頭○転、指○、横○を行い、痛みの無い範囲での動きの中での○圧で、痛みは9割がた取れました。
椅子から、立ち上がる時の痛みもありません。
歩いても大丈夫だそうです。
深く曲げた時に、痛みが残っているだけです。
正座はまだまだ無理でしたが、大分曲がるようになっています。
ただ、気になるのが、膝を動かし始めにポキッとまだ鳴るのです。動かしたら、鳴るのは無くなるのですが・・・。
そこで、村松先生に質問しましたが、守備範囲以外の技術だそうです。
嬉しかったのは、先生から直接、不調者さんにアドバイスをしていただきました。
凄く有り難かったです。
「静岡の先生ですよ」と言ったら、改めて驚いておられました。

しかし、私が持っている技術でも、「歩いても痛い」と言う膝の痛みは、まだ完全ではないけれど、たったの一回の回復法のみで、歩いた時の痛みは無くす事が出来ました。
この不調者さん、病気や仕事の為、どうしても右膝に負担が掛かってしまいます。
村松先生から頂いたアドバイス、しっかり守るように伝えて今回は終了いたしました。
もちろん、しっかり『回復ノート』に細かくアドバイスは書き込んでいますよ。
posted by たっちん at 09:19| 佐賀 ☔| Comment(7) | TrackBack(1) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タツミ先生、こんにちは。
私も日曜日早速回復ノートを使いました。
一杯書き込みサッと切って、相手に手渡す・・。ありがとうございます、なんてお礼まで言われて恐縮です。

ところで今回の症例は、現在の先生の技術だけでも、何回か続ければ解決できるものなのか、現象法で言う理論的には、解決できないものなのでしょうか・・。

Posted by 満木 月風 at 2005年10月18日 10:41
満木先生、回復ノート便利ですよね!是非活用していきましょう!
この症例は筋肉だけの問題であれば解決できると思いますが、関節の問題もあるとのアドバイスを受けました。私にはまだ無理なので、自己療法を教えていただきました。ちゃんと解決できるみたいですよ。
Posted by タツミ at 2005年10月18日 12:47
たつみ先生こんには
回復ノートなるインストラクター専門のグッズが有る見たですね。
ブログを見ていると、不調者のかたとのやり取りが、いかに大切か伝わってきました。今後も宜しくお願い致します。
Posted by すこやか やまだ at 2005年10月18日 16:37
やまだ先生、こんばんは。このグッズは凄く良いですよ〜。是非利用されてください!
Posted by タツミ at 2005年10月18日 18:27
タツミ先生、先日はご苦労様でした。
早速に仕事に活かしてるようで流石。
今ある腕でも最高の仕事がしたいですね。
Posted by なかの at 2005年10月19日 16:23
■回復ノートなるインストラクター専門のグッズ有る見たですね。

回復ノートはインストラクター専門のものではありません。

回復法をされる全ての方が使用できるものです。

ただし、使い方をマスターしないと使えません。(相手への対応、説明の仕方、記入の仕方等)

11月19日の技術セミナー復習会では、回復ノートを使いながらの練習もします。

ぜひ参加してみてください。

アカデミーボディスクール 校長 小森秀信
Posted by アカデミーボディスクール 校長 小森秀信 at 2005年10月20日 07:20
なかの先生、先日はお疲れ様でした。今ある腕でもそれなりの成果が出て、素晴らしいと思ってます。それにこのツールが加わって、説明しやすくなりましたね。

小森先生、有難うございます。回復法をされる、全ての方が使えると、また一段と、「現象復元の法則」が、広まりそうですね!楽しみです。
Posted by タツミ at 2005年10月20日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

軟骨成分について ?グルコサミン
Excerpt: グルコサミンは、私たちの体内の軟骨などを構成している、重要な栄養素ですが、年齢とともに体内合成力が衰えてきますし、普通の食事からで...
Weblog: グルコサミン・コンドロイチン・?型コラーゲン購入ガイド
Tracked: 2009-01-21 22:46