2005年10月25日

変化?

60代 男性 膝痛。

その方は突然チラシを見たと言って、飛び込んでこられました。
その時はたまたま空いていたので、案内すると、椅子にふんぞり返って座っておられます。
「こちらの左側に記入してもらってよかですか?」と回復ノートを手渡すと、
「・・・」無言のまま書き始められました。
肝心の症状は無記入ですもうやだ〜(悲しい顔)
仕方なく、問診しながら記入する事に(ポリポリ)
「今日はどげんしました?」「膝の痛かとっ!」
なんか凄くおっかないです。怒っているみたいふらふら
詳しく聞いてみると、4,5年前から正座が出来なく、病院でも電気、湿布だけでちっとも改善されてないとの事。
仕事柄重いものを持つので、肩も凝っている。ずーっと立ちっぱなしだったりすると、膝の裏から太ももの裏にかけて痛いそうです。

説明中も落ち着きが無く、ぶっきらぼうな返事で、小心者の私は少しビビリ気味。
「押さない、揉まない、叩かない」の説明中も、
「ここが痛かっ!」とか言いながら、ごりごり揉んでおられました。
(恐い、恐い)

検査から始めます。
「手をこうしてみて下さい」と言うと、恐い形相ながらもやってくれました。
すると、左右のずれが約5cm。
これには「本当やね〜」と納得されてます。このあたりから様子が変わるのです。
正座をさせてみると、お尻はかかとにつきません。
膝の位置もかなりずれていて、これにも納得の表情で、私の説明に耳を傾けてくれるようになり、趣味の山登りや、世間話等を話してくださいました。

調整が終わると左右のバランスは悪いものの、さっきより改善しています。
正座時は、まだ膝の裏に痛みがあり出来ません。

そこで、股関節の○転・膝の指頭○圧を行い、うつ伏せで、痛い部分を○圧しながら、
「痛くない範囲で、かかとがお尻に当たるように動かしてくださいね」
と回復法を行いました。
「痛くなかったですか?」と聞くと、「やっぱい、痛かね」と。
「痛くない範囲で動かしてくださいね」再説明。
「今度はどうでしたか」 「まだ痛かった〜」
「・・・」(私の説明不足か、理解してくれてないのかもうやだ〜(悲しい顔)
「もう一度だけ、痛みが出たら駄目ですけん、痛みの無い範囲ですよ」とやさしく説明。
すると、「今度は痛くなかったよ」と、優しい口調の返事が返ってきました。
(だから、痛くない範囲でって言っているのに・・・)

あと肩こりがあると言う事なので、肩回し調整を行い、アーム検査をしました。
すると5cmのずれがあったのが、ほぼ左右同じに。肘の高さも上がりました。
これには「おぉ〜っ」と笑顔を見せてくれたのです。

そして、正座をしてもらったら、なんと、かかとがお尻につくようになったのですexclamation
「おぉ〜っ、久しぶりに座れたばい!今まで、仏さんを参る時もごげんしよったもんね」
と横座りをして、再確認しておられます。
「でも、まだここの痛かぁ」と今度は膝の内側を指してます。
回復ノートを見せながら「さっきはここに痛みがあったんですよ」
「おぉ、そうやったね」と満足そうです。
指○を施し、確認してさせてみると、何度も柔軟体操みたいに(この方スポーツジムも行っているみたいです)
「よかごたっ。よかごたっ」としつこく屈伸されてます。
「でも、まだ残っ取るね」と満足顔です。

来られた時とはまるで別人。症状の変化が、応対の変化にもつながりました。

最後に、回復法の続ける事の大切さや、自己療法などを説明すると、
「いつ痛くなるか分からん。痛くなったら来るけん!」
と、ぶっきらぼうにも、予約はしなっかたけど、「有難う!」のお礼を言いながら帰られました。
さすがに性格までは変える事は出来ませんねふらふら


posted by たっちん at 12:41| 佐賀 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タツミ先生、こんにちは!
回復ノートは大活躍ですね!僕も購入して帰ればよかったと後悔しきりです・・・
「痛くない範囲で動かす」はなかなか伝わりにくいですね。どうしても我慢して動かす人も多いです。
僕も怖がりですので勉強になりました。ありがとうございました。
Posted by 千武会・くぼい at 2005年10月25日 15:34
タツミ先生、優しい応対と、確かな技術がうまく相手の伝わったようですね。
この方、痛くなったら来ますよ、間違いなく・・・。チラシもうまくいったんですね。おめでとうございます。
わたしも少年野球の保護者の方に、左肩とひじが痛いという方に足組法、足踏み。肩関節の静圧(動いてもらいながら)指撫法をしました(3分位)ら、翌日サポーターを外すくらい楽になったようです。日曜日に予約を入れてくれました!短い時間の方が明らかに効果が高いですね。ついつい長くやってしまうのですが・・・。
Posted by まき at 2005年10月25日 15:36
くぼい先生、購入してなかったんですか?私は、気合入れすぎて3冊も買ってしまいました(汗)まだ、かなりあまってます(悲)
我慢せずに動かしての説明はいつも一苦労です。

まき先生、この方の手ごたえは十分でした。多分また来られそうです。「痛くなったら来る」って言う事は、「痛み取れたんかい」って思います(笑)でも本当恐かったです。
サポーター外れてよかったですね!治してやりたいと思う一心が、ついつい長くなってしまう・・・私は指撫法は長くて1分くらいにおさえてますよ!
Posted by タツミ at 2005年10月25日 17:37
タツミ先生こんにちは
ヒザの痛みに悩んでいたので、やっぱり回復法で回復できると思い直しました。
でもぶっきらぼうなかたは、こわとですね。小心者の私は、怖そうな人が来ると声が1オクターブ高くなっていることが、自分でも良くわかります。
Posted by すこやか やまだ at 2005年10月25日 18:34
本当にいろんな方がおられますね。
まだ、こういう方とは縁がないので、参考になりました。ありがとうございました。
Posted by 西村斉仁 at 2005年10月25日 18:50
タツミ先生の手法と説明の結果で、不調者の方も変わられたんですね。参考になります。開業したての頃、このような方になめられてはあかんと気合入れすぎて、ピリピリムードで施術した事を思い出しました。(笑)
Posted by おだ at 2005年10月25日 19:36
技術セミナーの手法でも、充分に関節の調整に有効です。

しかし今回のようなケースには今後のコースで予定している”動作転位”の手法が瞬間に劇的効果を発揮します。

技術セミナーで苦労して取っていた痛みが、簡単に解消します。

九州の施術会にてそのような不調者がいれば、この手法をみることができると思います。(笑)

アカデミーボディスクール 校長 小森秀信
Posted by アカデミーボディスクール 校長 小森秀信 at 2005年10月25日 21:19
たつみ先生こんばんは。
文面からも緊迫感が伝わってきます。
私ならこんなに冷静に対応できるのか?
勉強になりました。
Posted by なかの at 2005年10月26日 00:44
やまだ先生、おはようございます。意外と膝の痛みで悩んでおられる方は、多いですね。今の技術だけでも、それなりの効果が出てます。
1オクターブ声が上がるって面白いですね。何か、想像できます。

西村先生、おはようございます。先生なら、どんな不調者さんでも上手く応対できると思いますよ。最初に変化を与えられれば、どんな人も心を許してくれると思った症例です。

おだ先生、おはようございます。私も最初は、無理やり自分の意見を押し付けてました(笑)今は聞くことから丁寧に心がけてますが、結果が出なかったら、なんて言われるか、ドキドキでした。

小森先生、おはようございます。
今の技術だけでも、結果が出てますが、更に「動作転位」って言う手技があるんですね。凄く楽しみです。想像もつきませんが、覚えたら、鬼に金棒になりそうです!

なかの先生、おはようございます。
最初から緊迫感あふれてました。昔の頑固者って感じです(笑)、でも結果が出て、話し始めると、凄くいい感じの方でしたよ。やはり、男性は始めての治療院は疑って来られてるんでしょうね。
Posted by タツミ at 2005年10月26日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック